本日 10 人 - 昨日 38 人 - 累計 48235 人

縛られることについての考察(メルマガバックナンバー31)

ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

縛られることについての考察

自由になりたいのに縛られていて苦しい・・・
な~んてことはよく聞きますが
この、縛っているものとはなんでしょうか?

縛られている!と感じている時
まず始めに、自分を縛る犯人に思えるものは
直接的な対象です。

夢を追いたいのに親に反対された。
旅行をしたかったが仕事で行けなかった。
楽しく仕事をしたいのに嫌な同僚がいて嫌な気持ちになった。

などなど・・・という縛られた状態とは、

夢を追いたい。
旅行をしたい。
楽しく仕事をしたい。

のにもかかわらず・・・。
出来ないということですよね。

で、この場合これらが出来なくなるように
自分を縛っているものの正体(犯人)は、一見

反対する親。
仕事。
嫌な同僚。

の、ように感じるかもしれません。
・・・が・・・
実は、あなたを縛っているのはこの犯人たちではありません。

というのは、この犯人たち(笑)自身には
あなたを縛る力は無いからです。

これは、よくよく考えてみると
お分かりかとは思いますが・・・・

誰もが、
親に反対されたからといって、夢をあきらめるわけではなく
仕事があるからと、旅行を全くしないわけでもなく
嫌な同僚がいるからと、楽しく仕事が出来ないわけではないからです。

とはいえ、これらに縛られるのが悪いというわけではありません。

縛られてしまう原因は直接的な対象にはなく、
それが縛りだと認識することが大切だ。というお話です。

要するに、
夢を追いたい。
旅行をしたい。
楽しく仕事をしたい。
という望みよりも

反対する親。
仕事。
嫌な同僚。
に優先的に反応しなければならない
という自分の中の掟が出来上がっている
のが原因なのです。

この掟の中には自分の今の時点での
本音や望みが隠されています。

親に縛られている!と思っていたけど
親が好きなだけだった。

仕事のせいで旅行が出来ない!と思っていたけど
仕事が好きなだけだった。

楽しく仕事が出来ないと嫌っていた同僚が
実は「そのままじゃだめだよ。不幸になるよ!」と
めちゃめちゃ気になっていただけだった。
(もしくは、そもそも仕事が嫌いだった・笑)

な~んてことは、よくあることなのです。

まぁ、全てが自分という視点から観れば
原因と結果も含まれてしまいますから・・・

縛っているのは自分でしかなかったー!
ということでしかなかったりします。

縛られるものが多いということは、
大切にしているものが多い、ということでもあります。

縛っているものの正体を」認識できると
自分の好きなもの大切なものに縛られて
楽しく暮らすことができるのです。

次回はバランスについて考察します。
何事もバランスが大切♪とは、
何を持って、言われているのでしょうか?

な~んてことを考察します(^_-)
次回もどうぞお楽しみに♪


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):
RSS