本日 131 人 - 昨日 125 人 - 累計 101148 人
ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

相性についての考察

基本的に、相性というのは三次元での
自分と自分以外がいる世界観でのお話です。

全てが自分ならば相性が悪いなんていうものは
ないはずですからね。

とはいえ、今日はそこから見た
相性のお話をしますよー( ^^) _旦~~

きっと、わけのわからない話になりますよ!(爆)

さてさて、まずは相性が良いとは一体何か?
私はこの定義を「お互いの良さを引き出す」と
定義しています。

一緒にいることで、よりお互いの良さが発揮できる。
そんなアルケミーを起こす関係という事です。

でね、全てが自分という視点で観た場合
三次元でいう自分も自分の周りの人も
自分だってことになりますね。

ややこしいね!・・・で・・・そうするとね

そこには「全て」から生み出された
三次元を含んだ、自分の世界やら宇宙(全てが自分という世界観)があり
その宇宙は「すべての要素」が支えているという事になるのです。

三次元において自分と自分以外すべての繋がり(縁起)
が見えた時が悟りである。なーんて話もあるのですが・・・

要は「嫌いなあいつ」も「しょーもない誰かさん」も
自分と繋がっていて、全てが自分として見るなら、
一部の要素として(自分の)世界を支えているという事です。

で、そのうえで相性とは何か?といいますと
どんな「場」でどの「距離感」がしっくりくるか?
ということです。

要素として自分や周りを見た時
どんな枠の中で(家庭、職場、友人関係・・・などなど)
どんなバランスの要素の自分でいるか?で、

どんな要素をどんなバランスで持っている相手と、
どんな距離感がしっくりくるか?が、決まるのです。

よく「友達なら上手くいくけど恋人となるとダメ」とか
「お互いの環境が変わると疎遠になった」とか
ありますよね。

スピリチュアル系では「次元が変わると会えなくなる」
ってなことまで言われちゃったりします( ^^) _旦~~

お互いの「枠」が変わるタイミングにあわせて
お互いに要素のバランスを調整すると
案外大丈夫だったりしますけどね。

三次元での距離と時間からみると疎遠でも
実のところ疎遠ではない・・・とかね。


まぁ、要するに

三次元で、自分と自分以外という分離した個(人)だけを
見るのではなく「すべては自分」の世界観から相性を考えると

「枠」とその枠内での「自分(要素)のバランス」が
見えるようになり、どんな人とどんな距離感でいることが
お互いの良さを引き出すことが出来るのか?が分かるようになる。

なので三次元での距離感だけにこだわると、苦しいかもだけど
実はそれだけではないですよ。ってことです。


ついでに、枠の選択と自分の中のバランスを変化させることによって
相性を(多少は)良くすることも可能になったりもします。
(やりすぎると不自然になりますから注意して扱う必要がありますが。)

抽象度の高い枠の中で
自分の中のバランスを整えれば整えるほど
(様々な要素を含めば含むほど)
目の前の相手のバランスも整います。

まぁ、偏りはドラマチックを生みますから
ドラマチックな関係性を楽しみたい場合
バランスを整える必要はありませんが・・・(^_-)


なんだか相性が悪いなぁ。と感じる場合
相手(個人)の問題や、自分のいたらなさを
原因として見るだけではなく、
この「枠」「場」「要素」「バランス」という
見方もしてみると
今までとは違った側面も見えてくるかもしれませんね。

次回は選択について考察します。

選択した時何が起きるのか?を知っておくと
選択しやすくなるかもしれません。

次回もお楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら


RSS