本日 9 人 - 昨日 35 人 - 累計 45922 人
ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

★書き換え魔術話★

望みについての考察。

第一段階の自分も他人もいる世界では、
望みは自分からの発信ということになります。

私がこうしたい!=望み であり
叶うか叶わないかがわからないからこそ
望みであるともいえます。

第二段階のすべてが自分という世界では、
(引き寄せるとか望みを叶えるとか言われていますが)
実際には、自作自演(人生の演出を請け負っているのも自分)
ということになるので望みというよりは、打ち合わせに近いものになります。

で、第三段階の自分すらいない世界観から
この望みについて考えると~(^_-)望みというのは・・・

人生のシナリオ(あなたのテーマ)のヒントということになります。

第一段階の世界観では
自分が望みを持っている。と思っていたのに
第三段階の世界観からみると
そもそも、何を望むか?はシナリオ上決まっていて
単に「望まされているヒントをもらっている」ということなのです。

望みを叶えるということは
一見自分の意見を通しているように感じますが
見る世界観によっては、
シナリオ通りであり、だからこそスムーズで
上手くいくということでもあります。

もちろんこれは、どちらを意識するのが良い悪いという話ではありません。
というか、同じものを単に違う視点で見ているだけなのですが・・・(^_^)

わくわくすることや望んだことをすると
上手くいくようになるのは、意識無意識にかかわらず、
シナリオに沿った行動をとっているということです。

なので、恐れや不安から自分の望みをみないようにしたり、
あきらめたりするのは、それだけシナリオを無視しているということになるので、
何らかの訂正が入ったり、なかなかストーリーが進まなかったり
とんでもなく濃い感じのドラマが生まれたりしやすくなるのです。

自ら望んでいるか?それともシナリオ通りに望まされるか?
それってどっちがいいの?と考える方もいるかもしれませんが~( ^^) _旦~~

それぞれの世界観の段階は飛び越えることはできませんから
どのみち、望みを叶える→自作自演に気づく→シナリオに気づく
という道をたどることになります。

その後は、好みに応じて行ったり来たり出来るようになりますが
影響の矢印の向きを変え、シナリオ自体を書き換えるということは、
シナリオを演じている私たちには出来ません。

ただ、どの世界観の視点を選ぶかは自由ですし
基本的にシナリオと私たちの望みは(一部を除いては)
一致しているので、ご心配にはおよびません。

因みに・・・第三段階の自分すらいない世界観は
本来、不可知なので、すべてのシナリオを知ってから
上手いことやってやろう!というのは残念ながら無理な相談です(笑)
ってか、この宝探しの経験こそが、人生の醍醐味なのです。

自分の望みの精度を上げて、望みに隠されていたシナリオを
楽しく味わいながら経験することこそ、私がお勧めしていることなのです(^_^)/

次回はメンターについて考察します。
あなたには、メンターがいますか?
それともそんな言葉は初めて聞きましたか?

メンターっていた方がいいの?
そんな疑問にお答えします。

次回もどうぞお楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら


RSS