本日 12 人 - 昨日 37 人 - 累計 33421 人 サイトマップ

望みの仕組み

2016年09月19日
三次元という名の現実の中では、
望みの仕組みに常に2つの極が関わっています。

望むときは、叶っていない時。
叶っていることはもう望まない。

叶うと叶わないは
まるで違う。

欲しがる自分と引き寄せたいもの。

これらの極があるからこそ
望みは成り立ちます。

叶わない可能性があるからこそ
叶う喜びがある。
ムリ目だからこそ、叶ったときの
喜びが大きい。

何ともドラマチックで愛おしい
人は皆可愛い頑張り屋さんです。

しかし、この仕組みに中に
組み込まれたままでは
望みが叶う確率はそれほど高くなりません。

ドラマチックは悪いわけではありませんが、
ドラマチックになればなるほど、
判断力も生産性も落ちてしまうからです。

望みを叶えたい・・・と思うのであれば、
この仕組みを少し超えてみると良いです。

この仕組み(望みという枠)を超えると
ドラマチックな気持ちが薄まる代わりに
様々な選択肢と望みの本質がみえてくるようになります。

本質を知り、沢山の選択肢をみたうえで選び、
真剣に行動することは望みを叶えるために
大いに役立つことでしょう( ^^) _旦~~


分離と統合についての考察(2)(メルマガ・バックナンバー11)

2016年09月05日
ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

★書き換え魔術話★

分離と統合についての考察(2)

分離と統合。

流れに乗ったものは統合に向かい
分離は流れに逆らう。

なので、統合に向かうと
抵抗がなく、物事がスムーズに進みやすい。
(これは心も、周りに起きる出来事も含みます。)

逆に、分離に向かうと
ひっかり、こだわり、抵抗が起き
物事がスムーズに進みにくくなる。


ただし~、この分離と統合には
善悪は無く、単にスムーズか?どうか?
というだけの話です。

まぁ、人間をやっている限り
肉体という分離システムがありますから
スムーズにと言っても限界がありますが。

私は個人的には、この現実は経験や体感のためにある
と思っているので、その経験、体感が、
抵抗ありまくりで動けないのも、
スムーズでどこまでもスイスイ進むのも、
どちらもそう変わら無いと思っています。

これは、レンタルビデオ屋さんに
並んだビデオ自体には、良い悪いがない
というのと同じことです。

ただ、本当はスムーズに進みたいのに
流れに逆らっていることに気付かないまま、
悶々としている人に求められたら、
このことをお伝えする仕事をしているのです(^_^)/♪

(なぜなら私が、楽しいから・笑)

うさぎ跳びや、校庭十週を
命令されやらざる得ない状態でやるのは苦しい。
でも・・・自ら何らかの目標のために
やっているとしたら、そこには素敵なストーリーや
ドラマが生まれ、素晴らしい経験になります。

まぁ、苦しいのも素晴らしい経験なのですが、
もしも、苦しんで、我慢して、というのを望んでいないのなら
あえてその経験(流れに逆らう・分離)を選ぶ必要もないのです。

では、この統合と分離の違いは、
どこで変わってくるのか?と言いますと~。


「価値判断」の有無です。

「価値判断」が多ければ多いほど分離しやすく
「価値判断」が少なければ少ないほど統合に向かいます。

あっちとこっちなら
こっちの方が価値がある(正しい)!
と判断するのが価値判断なので、
これは好みとは違います。

たとえ価値がなくっても好きだ!
っていうのが、好みなので・・・。

まぁ、この好みに隠された価値判断も
実のところは、ある人も多いのですが、
長くなるので、その話はまたにします・・・(^_^)

上記のうさぎ跳びのたとえで言うなら、
命令されるのは、「しなければダメ!」という
価値判断です。

してもしなくても、どっちでもいいけど
「あえてやる」というのが好みです。

因みに、価値判断をなくさなければならない!
というのも価値判断です(ややっこしいねぇ~)( ^^) _旦~~

ただ、無意識の価値判断を外さなければ、
その価値判断が自分の好みなのかどうかすら
知ることが出来ないのです。


次回は、この価値判断と
とても関係のある、洗脳(呪い)について
考察していこうと思います。

これがみえてくると、
とても面白いですよ~♪

次回も是非お楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら

RSS