本日 12 人 - 昨日 28 人 - 累計 35234 人 サイトマップ

引き寄せについての考察(メルマガ・バックナンバー13)

ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

★書き換え魔術話★

引き寄せについての考察


実は引き寄せの法則にも
段階ごとの、みえ方があります。

これは、どれが真実ということではなく、
どれもその世界観からは真実です。

ただ、影響を与えることが出来るのは
常に、第三段階→第二段階→第一段階という
流れになりますので、
それに逆らったものを引き寄せるのは困難です。

ここを、知らないままだと
引き寄せられない自分を責めてしまったり
流れに逆らったままで苦しい思いをする
こともあるので、注意が必要です。


そもそも、引き寄せるという観念は
第一段階(自分と自分以外のものがある世界)の望みを、
第二段階(全てが自分だと気づいた世界)を
使うことで叶えよう!という試みです。

要するに、全てが自分だから
欲しいものが手に入ることを許可すれば、
手に入りますよ。ということです。

これが上手くいかないときは、

許可を出したつもりでも出していなかったり
(今の状態に、無意識のうちに何らかのメリットがある。とかね)
そもそも、全てが自分(手に入るということ)が信じられなかったりするわけです。
(自分の世界は、自分の思考が創っているので、信じないなら信じないという世界を創りだす)


また、そもそも第二段階(全てが自分)を
意識しない世界観で生きている場合は、
引き寄せという観念は薄く、

何かをしたから、その結果
何かを手に入れるという認識になります。

ただこの場合も、第二段階(全ては自分)の
エッセンスが入った行為の方が上手くいきます。

人を信じた方が良いとか、人の役に立つことをしようとか考える人の方が、
成功しやすいのは、第二段階(全ては自分)からの
流れに乗っているからです。

また、自分だけのことを考えたり、
人のことを信じられなかったりすればするほど
上手くいかないことが多いのは
(全てが自分)ということを考えてみれば、
不思議ではないでしょう。

これは、自分の体の一部を痛めつけながら
幸せになるのが難しいというのと
同じことです。


それでは、第三段階から観た引き寄せとは
どうなるのかというと~。

「統合」と「テーマ」がキーワードです。

そもそも全てが統合した場合(自分すらいない世界)
引き寄せるのは無理です。
引き寄せるものも、引き寄せたい自分も
含まれている状態では、引き寄せるという概念は使えません。

ただ、この第三段階の「統合」と「テーマ」の
流れに乗っているものは、第一段階から観たときは引き寄せやすく、
引き寄せた結果も豊かになりやすいということはあります。

ただこの段階の世界観を知ると、何かを引き寄せたいと
思うことは、ほぼなくなってしまいます。


単純に「分離」と「統合」なら
「統合」を選び、
自分のテーマにあったもの(自分の好きな事)
目の前に現れたもの(自分が自分に示したもの)に真剣に取り組む。
ことの繰り返しになります。

これはいわゆる「ゆだねた」状態です。
この状態だと「何かを手に入れなければならない。」
という気持ちはとても薄くなります。

(ただしこれは、諦めたり我慢しているのとは、まるで違いますので、
注意してくださいね!!)

・・・もしも・・・
あなたが凄く引き寄せたいものがあり、頑張っているのにもかかわらず
どうしても上手くいかないことがあったとしたら、
この「統合」と「テーマ」に逆らっているのかもしれません。

段階が上がるごとに、時間も様々な物や人も
含んでいくことになるので
小さな視点から観たときに欲しいと思ったものが
様々な物を含んだ大きな視点から見ると
実は手に入らなかった方が良かった。ということは
大いにあり得ることだからです( ^^) _旦~~


次回は、スピリチュアルではよく語られる
陰陽について考察していこうかな~と思います。

これ、案外誤解されやすかったりするのでね(^_^)
私はよく、黒魔術師ですか?それとも白??と
聞かれることも多いのですが~(笑)
それについてのお話もしていきますね。

次回も是非お楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):
RSS