本日 6 人 - 昨日 18 人 - 累計 42232 人

選択と可能性

2018年05月15日
選択と可能性の関係を知るとー。
モテるようになる。かもしれません(笑)

というのは、選択と可能性の関係を知らないために
「自爆」してしまう方、実は案外多いからです。


沢山の選択肢の中から何かを選ぶと
それを選択したことで可能性が生まれるのです。

で、さらにそこから選択肢が生まれ。
で選択したなりの可能性が生まれ・・・また選択。

・・・というように、選択から可能性は生まれ
可能性は選択肢をつくりだします。

図として考えると
まるで、脳のシナプスみたいな感じでしょうかね。


で、どんどん選択していくと
最初のスタート地点ではそう変わらなかったのに
いくつかの選択をした後では、まるで違う結果になり

可能性と選択に無頓着、
もしくは可能性や選択自体が見えていない場合
自分が望んだわけではないのにもかかわらず
気が付くとドツボにはまっている。
なーんていうことも起こりうるわけですね。


例えば彼に電話をする。という選択をしたら。
そこには様々な可能性が生まれます。

彼が電話にでるか?でないか?
でなくてもかけなおしてくるか?
話は弾むか?沈黙になるか?・・・などなど

でこの可能性の中に選択肢がありますから
そこから何を選ぶか?によって
また新たな可能性が生まれてくるわけです。

この電話する目的が
「彼と仲良くなりたい」のだとしたら
当然選択肢の中で彼と仲良くなれる
可能性が高いものを選択する必要があります。

選択の結果は、自分の想い通りではないかもしれませんが
その結果に伴う選択を毎回目的を意識しながらするのと
何も考えず、するのとでは結果は大きく変わってくるのです。


彼と仲良くなりたくて電話した。(選択)
(生まれた可能性の結果)電話に出なかった。

次の選択をどうするのか?

何度も何度も電話する。という選択が
どんな可能性を引き起こすのか?

何日かしてから、また電話する。という選択が
どんな可能性を引き起こすのか?

相手からかかってくるのを待つ。という選択が
どんな可能性を引き起こすのか?

選択に正解はありませんが
選択により生まれる可能性の傾向は
変わってきます。

この可能性の傾向を認識することができて
より効果的な選択ができる人は
人間関係も上手くいきやすい傾向があります。

すなわち、モテやすくなる。というわけです。

せっかく魅力があるのにも拘らず
選択を意識的に出来ないために「自爆」する。

・・・そんなことにならないためにも
自分が何を「選択」し、その選択には
どんな可能性があるのか?を
視野を広く持ち、意識的に選択する必要があるのです。

ちなみにー。一般的には

思い込みが激しいタイプの方は
それが魅力にもなり得ますが、視野が狭くなりがちです。

せっかく魅力や握力はあるのですから
目的を意識することと想像力を磨いていくことが大切です。

逆に選択の可能性ばかりに目がいき
なかなか選択できない方は、たまには勇気を出して
選択してみることをお勧めいたします。

興味のある方は
是非お試しくださいねー^^


ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

★書き換え魔術話★

揺らぎについての考察

このメルマガをご覧の方の中には
振動数を上げたい!抽象度を上げたい!と
お考えの方も多いかと思います(^_-)

振動数を上げることは
様々な選択肢を含むことでもあるので
問題の解決方法が沢山観えるようになったり、

統合に進むことでもあるため
流れに乗ってスムーズに生きられるように
なったりします。

私は、自分らしく流れに乗って生きることを
おすすめしているので、この振動数を上げることについて、
よくお話しているわけです。

もちろん、そうではない生き方だって
(当たり前ですが)素敵なことには、変わりありません。

・・・ただ・・・
振動数を上げたいと思っているのにもかかわらずー。
「上手くいかない!」とお悩みの方は、案外多いのです。

実際のところ、振動数を上げること自体は
そう難しいことではありません。

巷で、難しそうに語られることが多いのは
そうすることによって(良くも悪くも)価値を
出そうとしているせいだったりします( ^^) _旦~~

振動数を上げるとは価値判断を外し含むことですから
価値を出す必要は本当は無かったりするのですがー。

「簡単」だと「簡単」なほど本当にできているのか?が
不安になるという方も多いので、聞く人の納得のために
そう語られる場合もあるようですしー。
語る人自身が、そう信じているという場合もあります。
・・・まぁこのあたりのことはともかく・・・

なぜ、難しいことではないはずのに
「上手くいかない!」となってしまうのか?といいますと・・・

多くの人は揺らぎに弱いからなのです。

揺らぎを嫌うのは「自分は自分」「他人は他人」として
生きていくためにはとっても大切な感情です。

揺らぎとは、不安定なものですし、
揺らいだままでいることは、不安になりやすくなるので、
嫌われることが多いのです。

この不安定さに耐えられず、現状にとどまろうとするのは、
人間の脳の仕組み上仕方がないことでもあります。

今まで信じてきたものが
全くのウソだった時・・・・

当たり前だと思っていたものが
無くなってしまった時・・・・

自分の意見とは
全く違った意見に触れた時・・・・

揺らぎは現れます。
この揺らぎを「そういう事もあるよね。」と
そのまま含むことが出来た時
振動数は上がります。

「そんなはずない!」「ありえない!」「おかしい!」
と、安心安定を求めるあまりそれらを切り捨てた時
振動数は下がります。

振動数が下がること自体は、悪いことではありませんが
振動数が下がる時には、選択肢が少なくなり
重々しい気持ちになり、分離が進むために
流れに逆らうようになり、ドラマチックな日常になりやすくなるのです。

これはどちらを選んでも、良し悪しはありませんが
もしも、あなたが振動数を上げたいとお考えなら
ちょっと頑張って、この揺らぎを含むことが大切です。

次回は、自己責任について考察します。

これをどうとらえるかで
苦しさが大きく変わってきますよ~。

次回もどうぞお楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら

ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

★書き換え魔術話★

嫌われることについての考察

第三段階の自分も他人もいる世界での
人間関係および嫌われることについては、
ブログにも少し書いたので~。
興味のある方は、以下もお読みくださいませ♪( ^^) _旦~~


嫌うこと、嫌われること
http://ameblo.jp/49monika66/entry-12096485545.html

相性とは・・・
http://ameblo.jp/49monika66/entry-12108724378.html

人間関係について
http://ameblo.jp/49monika66/entry-12113459666.html


さて、嫌われることについて
私が一番にお伝えしたいこと・・・それは・・・

「まぁ気にすんな!」ということ。

何ともお気楽なセリフですが~。
実は、嫌われたくない!と思うことこそが
「嫌われて苦しい」世界への入り口なのです。

「誰だって嫌われたくなんてない。」というのは
とても当たり前なお話で、その気持ちは
私にだって、無いわけではありません。

でも、全ての人に好かれたいのなら・・・。
あなたもすべての人を好きになる必要があります。

これは、頑張っている人も多いのですが~。
好きと嫌いがある限り、成し遂げることは難しいのです。

なぜならば・・・嫌いがあるからこそ好きもあるからです。
好きと嫌いを比べることによって、好き嫌いは認識されるからです。

全ての人を好きになるということは
嫌いという概念が無くなり
嫌いという概念が無くなった瞬間に
好きという概念も消えます。


好き嫌いという概念は、その
どちらも無ければ成立しないことを
知っている人は、好きと嫌いを
自分のテーマを探すために役立てることが出来ます。

もちろん、嫌いなモノや人にも
敬意を払うことは、当たり前ですがとても大切です。

好き嫌いは、好みであって
価値判断ではありません。

あなたの嫌いなモノ=価値の無いものではないのです。

好みと価値判断の違いがわかると、
好みが自分のテーマのヒントになります。


自分が嫌うことや嫌われることが、
自分の価値と関係していると思うあまり
嫌うこと、嫌われることを避けていると、

自分の好きなことを口に出すことや
自分の心地良い居場所へ行くことが
なかなか難しくなります。

何かが好きだということは、
それより嫌いな何かが生み出されるからです。

「嫌い」を封印している間は
「好き」を探すのも難しいのです。

「嫌うこと」「嫌われること」が
自分の価値とは関係がないことを知り、封印を解くことで
「好きなこと」「好かれること」を
認識できるようにもなるのです( ^^) _旦~~

次回は揺らぎについて考察します♪

揺らぎは今年の私のテーマです。
不安や恐れをも呼ぶ
居心地の悪いこの揺らぎ(笑)を
どうしてテーマにするのか?

な~んてことを、お伝えします。
揺らぎの反対には、ヤバイものが隠れてるんだぜ!

次回もお楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★


メルマガのご登録はこちら

ご要望があったので
メルマガ・バックナンバーを公開します( ^^) _旦~~

(1~5)までのバックナンバーは
こちらにまとめてあります。メールマガジン…初めに…

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

★書き換え魔術話★

自分のテーマについての考察

自分のテーマについては
こちらもご覧くださいませ~↓↓

http://ameblo.jp/49monika66/entry-12101902580.html

こちらでは、偽のワクワクについて
お話ししましたが、偽のワクワクとは
価値判断のマジックのようなものです。

いわゆる、他人軸のようなものでしょうか。
まぁ、自分しかいない世界では
他人も自分なので、そもそも他人軸って何?
っつーお話になりますがね~( ^^) _旦~~

こちらのメルマガでは、自分のテーマについて
もう少しディープに書いていきますね♪

さて、自分のテーマを知るために大切なことは
価値判断(他人軸)を外し
自分の望みを純化する必要があるのですが
実はこの、自分のテーマを純化するだけでは、
皆さんが望むような、好きなことを仕事にするとか
好きなことをして応援されるとかいう事は
少々難しかったりします。。

これは、好きなことさえすれば、上手くいく!
とお考えの方には、ビックリなお話かもしれませんね~。

これまでお話ししたように、本当に自分の好きなことを探すためには
本来必要のない価値判断(これをすると、お金になる、すごい人と思われるなど)
を外していく必要があるのですが・・・

実は・・・その好きなことで人を巻き込みたいのなら
(応援されたい、仕事にしたい、など)
好きなこと以外も含んでいく必要があるのです。

もちろんこれは、やらなければならない!というわけではありません。
ただ、自分のテーマを生きることと流れに乗ることは
リンクはしているものの、別のものでもあるのです。

これは以前、ワクワクには二つあるとお話しした時の
自分のテーマ(好きなこと)というワクワクと
流れに乗る(成長する)というワクワクとがある。
というのと同じお話です。

例えば、絵をかくのがとても好きで
それこそが自分のテーマだった人が2人いたとして・・・

一人は絵を描くこと以外
人付き合いも、自分の絵を分かってもらう努力も
そのための手伝いを頼むことも一切しなく・・・

もう一人は、絵ももちろん描くけれど
その絵を知ってもらうために
わかってもらう努力や、そのための手伝いをお願いすることを
同時にしていたとしたら・・・

やはり後者の方が
その絵を応援する人が多いという結果になりやすいのです。

この場合は、自分のテーマ(好きな絵を描く)ことと
流れに乗る(振動数を上げる・様々なことを含む)
ということが同時におこったことによる相乗効果
と、いうことになります。

もちろん、これはどちらが良いとか悪いとかいう話ではありません。

あまりにも自分のテーマに没頭している場合
それ以外のことは気にならないのは当たり前ですし
(まぁこの場合、売れないことを本人は悩んだりしません。また、
亡くなったとたんに振動数が上がり人気が出たりもします。)

またそれとは正反対に、
テーマに対する意識は薄いのにもかかわらず、流されるように、
周囲の人や状況に押されて、そうせざるえない状態になる人もいます。
(この場合は、ワクワクとか言ってる場合ではなく、
あきらめに近い使命のような感じになっている人も多いです。)

第三段階…すべては幻
第二段階…すべては自分

という視点から観たテーマとは
他のものと何も変わらない幻ではあるけれども
そのほんの少しの偏り(テーマ)がある自分の世界において
経験するようプログラミングされているもの。

というような感じです。
まぁこれは拍子抜けしてしまう人も多いかもしれませんが・・・。

どれも同じ幻なら
楽しいことを真剣にしてください。
としか、言いようがないというわけです( ^^) _旦~~
(まぁ、お茶でも飲んで、落ち着いて~♪)

また、好きなことワクワクすることがわからない!!
とお悩みの方は、とりあえずいろんな経験をして
それらに対する価値判断を外すという作業をしてみてください。

この作業を続けると、振動数が上がりやすくなりますから
自分の本当に好きなこと(テーマ)がみえてくるようになります。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」ってのは、
案外言えているのかもしれませんね~(^_-)

今はこの逆を目指し過ぎて、自分の好きなこと自体が
わからなくなっている人も多いので・・・
(まぁ、それが悪いわけではありませんが~♪)

次回は「嫌われる」ということについて考察します。
嫌われる勇気な~んて本もあるくらいですし。

なんだか皆に嫌われる人って
いったい何が起こっているのか?を
お伝えします♪

次回もお楽しみに♪

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

メルマガのご登録はこちら

実はひっそりと、美容師寄りのブログも
書いていたりします。
美容師&魔術師のつぶやき

こちらのブログでは
似合う髪型やヘアケアについてや

私のヘンテコな思い出なんかまで(笑)
ちょろちょろと書いています。

「美容室モニカって、
いったいどんな美容室なの?」

というのが、少しは分かるかもしれません。

一応いろいろ考えているんですよ。
怪しいことだけではなく、美容師としてもね(笑)

私は基本的に
閃きアーティストタイプではなく
地道な論理的なタイプなので
美容師の仕事もそんな感じなのです。

似合う。というのにも
そこにいたる論理が
私の中にはあるわけです。

まぁ、通常はお客様には
そんなことをうるさく言ったりはしません
けれども・・・(笑)

まぁ、髪型をお勧めしたりする場合にも
そこにはすべて理由があるということです。

興味のある方は是非ご質問くださいませ。
まぁ、施術中は寝ててもぜんぜんOkなんですけどね。

次の5件 >>
RSS